【身の回りの物質】パルミチン酸の融点測定

パルミチン酸 CAS 57-10-3
CH3(CH2)14COOH 別名ヘキサデカン酸
木ろうおよびパーム油中に多く含まれる白色鱗片状の結晶。融点 63℃,沸点 390℃。
セッケン,グリース,化粧品などの原料として利用。
3105-01.jpg 3105-02.jpg

今日はこのパル道産の融点を測ってみたいと思います。
15mmの試験管にパルミチン酸を入れて温度計をさし、
3105-03.jpg

15mmの試験管を18mm試験管に入れます。当然、両者の間にはすき間ができます。
3105-04.jpg 3105-05.jpg

この二重になった試験管をお湯の入ったビーカーに入れ、そのビーカーを加熱します。
つまり、すごーく間接的にパルミチン酸を温めるというわけです。
3105-06.jpg

1分ごとに温度を測り、グラフにしてみました。
60℃をわずかに超えたところで平らなところがあります。ここが融点です。
3105-09.jpg
3105-10.jpg

祐天寺融点の時は、固体と液体が混じっています。
3105-07.jpg 3105-08.jpg

ここで道具を片付けてその日の実験は終えたたのですが、
翌日、そうだ!と思ってもう一度実験。

液体になったパルミチン酸を放置してみます。さてどうなるか。
3105-11.jpg
3105-12.jpg

今度は60℃を切ったところが融点になりました。ちょっと低い感じがします。
そこで、温度計を氷水に入れてみたら-0.5℃ほど。温度計の器差があったようです。この調整のために実験データを0.5℃ずつ加えれば、加熱時とほぼ同じです。
3105-15.jpg

液体から結晶になったパルミチン酸
3105-13.jpg 3105-14.jpg

液体のパルミチン酸。これを放冷していくと、やがて凝結し、結晶が出てきます。
3105-16.jpg

それをタイムプラス画像で撮影してみました。ご覧ください。

関連記事

tag :                                                    観察・実験,                                                                             身の回りの物質,                          

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示