学童集団疎開資料室 (江東図書館)

江東区立江東図書館は、もともと昭和51年6月22日に都立図書館として設立されました。
その後、昭和61年10月1日に江東区へ移管され、区立図書館の中央館となっています。
2795-01.jpg

4階建てですが、開架閲覧室やカウンターは1・2階にあるので、たいていの用事はそこで事足ります。
それなので、立ち入り禁止の表示などなく、フツーに2階から3階へ行く階段があるのですが、図書館のスタッフを除けば、その階段を上る人はほとんどいません。

その階段を上った3階に、その部屋はあります。
2795-02.jpg

学童集団疎開資料室
太平洋戦争による空襲の被害を避けるために山形県・新潟県の各地に集団疎開した子どもたちの様子を物語る疎開当時の文書、生活用品、手紙、写真等を展示を展示しています。
2795-03.jpg 2795-04.jpg

写真が当時を物語っています。
2795-05.jpg 2795-06.jpg

文書資料も充実しています。
2795-07.jpg

このお雛様は昭和16年に作られ、東京大空襲の時に疎開しました。持ち主の方は大空襲でお亡くなりになりましたが、空襲後にこのお雛様は疎開先から戻ってきました。ご遺族の方から寄贈を受け、ここに展示をしています。
2795-08.jpg 2795-14.jpg

当時の実物資料が多く展示されています。
2795-09.jpg 2795-10.jpg
2795-11.jpg 2795-12.jpg
2795-13.jpg

江東図書館が開館しているときは、見学ができます。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示