アオノリュウゼツラン

アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭) Agave americana var. marginata
リュウゼツラン科アガーベ属 メキシコ原産 日本では小笠原に分布

この植物の最大の特徴は、なんといっても開花の珍しさ!花が咲くのは30年に一度とか50年に一度とか60年に一度とか、80年に一度とか、100年に一度とかいろいろ無責任に言われていて、英名で「センチュリープラント」(100年に一度開花するの意)と呼ばれています。30年に一度でもそりゃ十分珍しいですよね。

そのアオノリュウゼツランが東京都下水道局砂町水再生センターで咲いたということで特別鑑賞会を開いてくださったので、早速行ってきましたよ。

これがアオノリュウゼツランですか…。
2725-01.jpg

花は咲いてないようですが…何?「「志村~!左、ひだり~!」
って、オレ志村じゃないし。で、左って
2725-02.jpg

あれ、あの柱みたいなのは、まさか?!
2725-03.jpg

そう、恐れ多くも数十年に一度の貴重な瞬間、アオノリュウゼツラン公の開花であらせられるぞ!背が高い!
2725-04.jpg

おわかりいただけただろうか?隣にある街灯の倍くらいの高さがあります。7~8メートルってところでしょうか。
2725-05.jpg 2725-06.jpg

上の方の花は、まだつぼみみたい。
2725-07.jpg

そしてこれが咲いている花!ちなみに見事な複集散花序です。何百もの花が咲いています。
2725-08.jpg 2725-09.jpg

下の方は、黄色くて細長い葯をつけたおしべが用済みになりつつある中、先端が小さく丸く膨らんでいるめしべが目立ってきました。
つまり、下の方から順番に花が咲いていくわけですね。
2725-10.jpg 2725-11.jpg

花茎
茎(葉の基部)は、テキーラの原料になります。
2725-12.jpg

葉にはとげがあります。
2725-13.jpg


でも、他のやつはここまで高くありませんね。そりゃ十分でかいですけど。花の咲いてるやつに比べれば…
リュウゼツランの開花は、個体差が大きく30年で咲くものもあれば、100年近くかかるものもあるようです。
ある年の5月ごろ、突然、葉でコツコツ蓄えたデンプンが糖に変化し(「デンプンも糖の一種である」とかいう細かい突込みは置いといて)、大量の糖分を含んだ液体の転流が葉から花茎に移動します。その結果、花茎が1日に 10 センチレベルででのびつづけます。これもそうだけど開花期には7~10 メートルにも達するそうです。
ということは残りの2株もある年突然花茎をのばして花を咲かせるかもしれません。
2725-14.jpg


ちなみに、花が咲き終わると子株を根元近くに作り子孫を残して、自分は枯死してしまいます。
花が咲くまで数十年待って、1か月くらい花が咲いて、枯れていく…。花の命はやっぱり短いのです。
ちょっと切ない気分になりながら、アオノリュウゼツランの開花を鑑賞しました。
2725-15.jpg 2725-16.jpg
2725-17.jpg 2725-18.jpg
2725-19.jpg

ちなみにこの鑑賞会は7月28日までです。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示