双眼実体顕微鏡

双眼実体顕微鏡は、ものを立体的に観察するときに便利です。プレパラートを使うタイプの顕微鏡と違って、光を通さない物体でも観察することができます。
2674-13.jpg

使い方。
まず、両目の間隔に合うように鏡筒の幅を調節し、左右の視野が重なるようにしましょう。
一番近づけたときと遠ざけたときのようすです。
2674-02.jpg 2674-03.jpg

あわせて、粗動ねじを緩め鏡筒を上下させてだいたいのピントを合わせましょう。
2674-01.jpg 2674-04.jpg


2674-05.jpg

右目でのぞきながら微動ねじでピントを微調整します。
2674-06.jpg

接眼レンズを見ると、左側だけ目盛りがついています。これは視度調節リングといいます。
視度調節リングを回してピントを合わせましょう。
2674-07.jpg 2674-08.jpg

ステージの円い板は、片面が白、もう片面が黒になっています。大きなオセロのようですね。
2674-09.jpg 2674-10.jpg

接眼レンズは10倍、対物レンズは2倍ということで、20倍に拡大されます。
2674-11.jpg 2674-12.jpg

対物レンズを下からのぞいてみました。当たり前ですが、左右2つ並んでいます。
2674-14.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示