清水山の森 (後編)

そう、清水山の森といえばカタクリですよ、カタクリ。

で、清水山の森は23区唯一の大規模なカタクリ群生地なのです。
ちょうど見ごろです。雨や曇りの日、寒かったりすると花を閉じてしまうので、開花したカタクリが見られたのはラッキーでした!

2622-1.jpg 2622-2.jpg

カタクリはユリ科に属する多年草で、地下にりん茎を持つ球根植物です。
2622-3.jpg 2622-4.jpg

種子から開花まで、環境にもよりますが7~8年かかるといわれ、発芽1年目は針のような葉をつけ、その後数年間は一枚葉で、少しずつ成長していきます。最後に二枚葉を出して花を咲かせます。自然の状態では、花をつけた翌年は一枚葉で、花をつけません。
2622-5.jpg 2622-6.jpg

カタクリといえばあの片栗粉を思い出す人も多いでしょう。カタクリのりん茎からとれる良質のデンプンで片栗粉を作っていたのは今は昔、現在はジャガイモのデンプンからつくられているそうです。
2622-7.jpg 2622-8.jpg

もともとのきっかけは昭和49年に「カタクリが自生している」という情報が区民から練馬区によせられたことです。翌春、区が群生するカタクリを確認、この貴重な自然を長く保全しようと昭和51年に「清水山憩いの森」として整備しました。
関連リンク→東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解く地球人のつぶやき(新)「カタクリ保護を第一に」 23区最大の群生地、東京・練馬「清水山憩いの森」(東京新聞2016年4月6日)
2622-9.jpg 2622-0.jpg

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示