It's a SONY展 (8)  力セットデンスケ

ラジオ TR-4150 (1973)
単3電池2本で駆動し重量220gとポータブル性に優れたポケッタブルラジオ。ハンドストラップがついているので、手に吊るして持ち歩けた
2569-1.jpg

ラジオ ICF-5500A (1973)
「スカイセンサー」というブランド名を冠した肩掛けショルダーベルト付きのラジオFM放送を オーディオ機器並みの音質で再生するミューティングスイッチと高性能スピーカーを装備 している
2569-2.jpg

分離型ラジオ ICF-7500 (1976)
操作機構の突起がない、スリムなボディがポイント。当時としては斬新なスタイリングと 洗練されたデザインで、アクセントとなるジョイント部には精度の高いワンタッチ着脱タイプが用いられた
2569-3.jpg

ラジオ ICR-9 (1977)
世界で初めて厚さ9mmを実現した、ポケットサイズのラジオ「ミリQ」。当時新開発されたデバイスを総動員して作られた
2569-4.jpg

力セットレコーダー TC-D5 (1978)
当時拡大中であった生録音市場で、愛好家から強く要望されていた小型・軽量・高性能を 実現させたポータブルカセットレコーダー「力セットデンスケ」
2569-5.jpg

テープレコーダーTC-5550-2 (1974)
3ポジションのテープセレクターなど機能面での向上や音質改善に加え、据え置き・携帯時 でも操作できるレバーやフィンガー・バーが用意されている
2569-6.jpg 2569-7.jpg

カセットテープレコーダー TC-2850SD (1973)
ライブレコーディングのマニアを対象とした、ショルダー式テープレコーダー「デンスケ」の 流れをくむ「力セットデンスケ」第1号機。当時52,800円(当時の大卒国家公務員初任給が 55,600円)
2569-8.jpg

オープンテープデッキ TC-9000 (1970)
2トラック、テープスピード38cm/秒の超高性能ステしオテープデッキ。当時としては 画期的な自動頭出し、自動停止などの機能も装備されていた
2569-9.jpg

テープレコーダー CF- 1400 (1971)
FM/AMチューナーを内蔵したモノラルカセットレコーダー。本体の上部に操作 ポタンを配置することで操作性を高めた
2569-0.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示