It's a SONY展 (6) トランジスタテレビ

ラジオ TR-610 (1958)
スピーカー付きで当時世界最小AMポケッタブルラジオ。国内よりも欧米への輸出が先で斬新なデザインと性能の優秀さで、一時はプレミア付きで取引されるほど大評判となった。
2558-1.jpg 2558-2.jpg

トランジスタテレビ TV8-301(1960)
世界初の直視型ポータブルトランジスタテレビだが、「どうせテレビを買うんだったら、 まず据え置き型を買うのが先だ」というのが、一般の考えであったため金持ちか、よほどの 物好きしか買ってはくれなかった
2558-3.jpg

ポータブルテレビ TV5-303(1962)
車に載せて見られるテレビを目指して開発され、当時世界最小で最軽量のポータブル 白黒テレビで「マイクロテレビ」の愛称で親しまれた。ニユーョーク5番街にできたショー ルームにはTV5-303を目当てに1日7,000人以上の人々が押しかけた
2558-4.jpg

トランジスタテレビ TV4-203(1964)
「マイク口S」のニックネームで登場した4型白黒テレビ。アルか)乾電池9個で駆動し 約7時問の連続視聴ができた
2558-5.jpg

クロマトロンカラーテレビ 19C-70 (1965)
ソニー初のカラーテレビ。ソ二ービルにもクロマトロンコーナーが作られたが、研究費や製造コストがかさむこと、故障の多さから、社内では“苦労マトロン”と呼ばれ、量産に踏み切れなかった
2558-6.jpg

トリニトロンカラーテレビ KV-1310 (1968)
クロマトロンの失敗から井深自らが開発リーダーとして最初から最後まで立ち合い、 生まれたソニー独自のトリニトロン方式による力ラーテレビ1号機。その発表会は銀座 ソニービルにて行われた
2558-7.jpg

トリニトロン管
光の三原色である赤・青,緑の3色を3本の銃からそれぞれ発射するそれまでの方式と 異なり、トリニトロンは1本の銃で3色を同時に発射する。これによりフォーカスが良くなり、 色ズレが少なく細部までクッキリと表示できた
2558-8.jpg 2558-9.jpg
2558-0.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示