博物館黎明期と蚕病教育 (1) 参考品陳列場

小金井にある東京農工大学科学博物館は、かつての農商務省蚕病試験場内に設置された「参考品陳列場」が起源ということもあり、蚕糸、養蚕に関する資料が充実しています。

そしてこのたび、創基130周年ということで企画展「収蔵品展―博物館黎明期と蚕病教育」が開かれています。


博物館に残る 蚕病教育資料
掛図
2543-9.jpg 2543-0.jpg


博物館の始まり 参考品陳列場

農商務省蚕病試験場
2543-1.jpg

農商務省蚕病試験場の参考品陳列場は、その後蚕業講習所の標本室となりました。
2543-2.jpg

大正期の生糸標本
2543-3.jpg

枠製採取法を用いた種紙。6のはずのところが10になっているのはなんでだろう?
2543-4.jpg

微粒子病の生活環掛図
2543-5.jpg

微粒子病の生活環ロウ製模型
2543-6.jpg


博物館に残る 蚕病教育資料
掛図
2543-7.jpg 2543-8.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示