城西大学水田記念博物館大石化石ギャラリー サカタザメ

先日、臨時増刊で紹介した送水口博物館もそうですが、まだまだ都内には「これはもっと注目されていいのではないか」と思われる博物館があるように思えます。

上野にある日本を代表するような国立(性格には現在は独立行政法人ですが)の大御所博物館も、もちろんとても良いですし、よく行きます。でも、それらよりも遙かに小規模でありながら、その分野では世界的にみても貴重な展示品を持つ博物館も、ちょうどよそではまねできない技術を武器に大企業と対等に渡り歩く町工場みたいなカッコよさがあります。

さて、今回ご紹介するのは、城西大学水田記念博物館 大石化石ギャラリー

城西大学東京紀尾井町キャンパスというところにあるのですが、最寄りの駅は半蔵門、麹町、永田町あたりでしょうか。国立劇場の近くです。こんなところに入場無料の化石の博物館があります。
2527-1.jpg

原始的なティラノザウルスの仲間がお出迎え。白亜紀前期(1億2500万年前)のもので中国遼寧省産出。中国にある瀋陽師範大学遼寧古生物博物館からの寄贈されたもの。
2527-2.jpg

ティラノザウルスに気を取られて最初入り口がどこだか分らなかったのは秘密です。入ってすぐ右側、ティラノザウルスよりも手前です。
2527-3.jpg


入ってみました。ずらっと化石が展示されていますが、化石全般、というわけではなく、翼竜やワニ、昆虫なども多少はありますが、その展示のほとんどがブラジルやレバノンで採集した白亜紀前期の水棲生物とピンポイントで攻めています。というのも、これは大石道夫東京大学名誉教授のコレクションであるというところが大きいです。「大石化石ギャラリー」ですから。
※ちなみに大石道夫先生のご専門は分子生物学。化石と(たぶん)関係がなさそうなこともおさえておこう。
2527-4.jpg

ただそれだけに、水棲生物化石の博物館としては、世界トップレベルではないでしょうか。大きな科学博物館ではアンモナイトとか三葉虫とかフズリナとか定番物を置かないわけにはいかないでしょうから、水棲生物だけに力を入れこむわけにはいかないでしょう。そこに小さな博物館の強みがあると考えるのは私だけでしょうか。

ということで、いくつか写真を撮ってきたので、その中で無事ピントが合っているものを紹介します。

サカタザメ(ガンギエイ目)の絶滅種 後期白亜紀 レバノン・ハジューラ産
2527-5.jpg

カブトガニ(鋏角亜門)の一種 後期白亜紀 レバノン・ヘッケル産
2527-6.jpg

キンメダイ目の一種 後期白亜紀 レバノン・ハジューラ産
2527-7.jpg

ソルビニクティス(エルリムイクチス目パラクルペア科) 後期白亜紀 レバノン・ナモーラ産
2527-8.jpg

メソサウルス(中竜目) ペルム紀前期 ブラジル・パラナ盆地産
2527-9.jpg

ネズミザメ目の一種 後期白亜紀 レバノン・ハケル産
2533-0.jpg

まだ何枚か写真があるので続く。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示