後楽園 光圀と斉昭をめぐる薬草展 キキョウ→桔梗

小石川後楽園で「光圀と斉昭をめぐる薬草展」をやっていました。
薬草が大量に展示されていました。

2485-1.jpg

救民妙薬
 光圀は「西山荘」に隠退した後水戸藩内を巡回した際、貧しい人たちが負気になっても 医者にかかれず、薬も無く,ただ横になって自然に治るのを待つだけであることを知リます。『救民妙薬』は、身近にある入手しやすい薬を教えて人々を救うため、藩医の鈴木宗与(穂積甫庵)に命じてまとめさせたものです。
 元禄6年(1693)に発行された『救民妙薬』は、持ち運びに便利な小型版ですが、おもに水戸藩内で採れる薬草を中心にした処方が397書かれています。その中には現在でも利用されている葛の根やハトムギなどの漢方薬も書かれていますが、「鼠の小便、目に入リたるに、猫のよだれをさしてよし」など、現在から見ればとても効きそうにない薬や使い方も書かれています。薬を手に入れるのが難しかった当時としては真剣に 考えられた治療方法だったようです。
  『救民妙薬』の巻末には無病延命の方法、旅に出るときに持って行くとよいもの、 食事の注意なども書かれていて、明治・大正時代には活字本となって多くの人に利用された日本最古の家庭療法の本と言えます。
2485-2.jpg

植物名→薬草名 で表記します。
キハダ→黄柏(おうばく) 
2485-3.jpg 2485-4.jpg

ツルドクダミ→何首烏(かしゅう)
2485-5.jpg 2485-6.jpg

キキョウ→桔梗
2485-7.jpg 2485-8.jpg

アイ→藍葉(らんよう)
2485-9.jpg 2485-0.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示