井の頭自然文化園 アジアゾウはな子の69年 (2) はな子の遊び道具と食事道具

井の頭自然文化園 アジアゾウはな子の69年 の展示
はな子の遊び道具と食事道具です。

2448-1.jpg 

2448-5.jpg 2448-2.jpg

はな子の遊び道具
本来、アジアゾウは、年長のメスを中心とした群れでくらす動物です。し かし、はな子が来た当時 の日本の動物園では、体が大きく手間がかかるゾウは、単独で飼育することが普通でした。
はな子も井の頭自然文化園では最後まで一頭で過ごしましたが、そんなはな子を退屈させないために、飼育係はいろ いろな遊び道具を考えてきました。 ただ、遊び道具と言っても、何でもいいわけではあリま せん。壊されないか、はな子がけがをする可能性がないか、お客様に投げつけてしまわないかなど、安全に配慮して考えます。また、非常に賢く、同時に慎重な性格 のはな子は普段と異なる状況になると、大きなストレ スを感じてしまう可能性があリます。 様々な要素を検討 し、はな子のお気に入リの遊び道具が誕生し
でも、はな子が一番楽しかったのは、何と言っても、飼育係が近くにいて、いろいろと話しかけられたリ、触られたリするこ とだったようです。



2448-3.jpg 2448-4.jpg

2448-0.jpg

はな子の食事
一般的にゾウは繊維質の多いものをエサとします。例えば、乾草や牧草、木の枝葉などです。はな子のエサも、かつては、同様の餌を与え られていたと思われます。しかし、 1982年頃から消化不良や使秘を繰 リ返し、1983年には上顎両側の歯が援け落ちてしまいました。通常の工サを咀嚼することができなくなってしまったのです。
食ぺることができなくなった野生動物には、死が待っています。 しかし、歯の問題と消化機能の衰えがあきらかになってきたこの頃か ら、飼育係は、はな子が食べやすいように、消化しやすいようにと、 様々な工夫を重ねながら食事のメニューを考えてきました。 このことが、はな子の長生きの秘密だったと思います。


2448-6.jpg 2448-7.jpg

スライサー
歯が抜けてから、噛むことが難しいと考えられたため、この機械で細断した餌を与えていました。使秘がちなはな子に消化しやすい物を与える工夫でした。


2448-8.jpg 2448-9.jpg

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示