「はな子」のお別れ会@井の頭自然文化園  (1)式典

井の頭自然文化園
2407-1.jpg

でくらしていたアジアゾウの「はな子」は、2016年5月26日に69歳の生涯を閉じました。
2407-2.jpg

9月3日、「はな子」とのお別れ会が開催されましたので弔問に行ってきました。
2407-3.jpg 2407-4.jpg

たくさんの人がはな子とのお別れに来ていました。報道によると2800人とか。それだけ多くの人に愛されてたんだなぁと。
2407-5.jpg

園長さんの挨拶
2407-6.jpg

飼育員さんの話。皆さんがいちばん知りたいことでしょう、ということで亡くなる前の「はな子」の様子を語ってくれました。
「はな子は安らかに休んでくれていると思います」。
2407-7.jpg


2407-8.jpg 2407-9.jpg

2407-0.jpg

このあと、追悼ミニコンサートや献花がおこなわれました。

飼育員さんのお話をもとにしたはな子の様子

3月4日 大好きなおにぎり、バナナを食べなくなってきた。食パンは食べた。
3月14,15日 扉の工事で室内に入る。
3月16日以降 はな子は外へ出ることを拒否、この後亡くなるまで室内で過ごす。
3月20日 腹痛を起こす。ガスが大量に排出して、展示に耐えうる状態ではなく観覧を中止。
3月26日 これまではお昼の餌は室内でお客さんが後ろにいる状態で食べていたが、はな子は落ち着かないので、園長に申し出て1時から2時まで食事タイムで観覧中止に。これは亡くなるまで続く。
少しずつ食が落ちてきたので、はな子の好きなものを考えていった。はな子が好きな野草を餌として与えた。ドクダミが大好きだが、3月30日の時点では小さく取りづらいのでハナダイコン、ハコベ、カラスノエンドウなどを通常の餌と一緒にあたえた。最大1日5kg食べる時もあった。
4月3日 大好きな食パンを食べず、かつて好きだったブドウパンを与えたが、嗜好が変わってきてブドウパンには目もくれず、おまけに買ってきたライ麦パンに嗜好を示し、以降はライ麦パンをよく食べた。
翌4月1日 今までははな子の健康状態を考えてバナナを皮をむいていたが、はな子が皮付きのバナナを欲したので、いままでやったことのない皮付きバナナを与えることにした。
5月7日 かったるいのか、1日中柵にもたれかかる。
5月10日 同じ状態でそばにも寄ってこない。
5月12日 以前より与えていた桃缶を休んでいたのですが、桃缶をしばらくぶりに与えたところ、10缶ぺろりと食べたので、以降5月26日まで与えることとなる。
5月13日 室内で水浴びを始める。餌として黒砂糖を入れたものを与えたのだが、それをかぶってべたべたした。水を出したところ盛んに水を浴びることとなった。これは5月25日まで続く。
5月20日 陽気もよくなったので、外に出てもらいたいということで、出入り口の扉を開放して夜間観察をして出舎を試みましたが、3回、4回と顔をのぞかせましたが、それから先の外へ出るというそぶりは見せず。
5月25日 終日、鼻を横の鉄柵に載せてすごす。帰りがけ「ちょっとかったるそうだなタ」というのが飼育員全員の気持ち。
5月26日 1時29分に倒れる。10時45分より内蔵圧迫を避けるために上野・多摩の応援を得て、起立させることを試みたが、15時04分死亡。

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示