板橋区立 熱帯環境植物館 2016.8 (3) アジアアロワナ

テッポウウオ
2400-1.jpg


スマトラ
2400-2.jpg


ダイオウグソクムシ
2400-3.jpg


レッドビーシュリンプ
2400-4.jpg


スッポンモドキ
2400-5.jpg




ヒマンチュラ・チャオプラヤ と カイヤン.
2400-6.jpg

ヒマンチュラ・チャオプラヤ  世界最大の淡水エイ
南米や東南アジアには、川や湖など淡水にすむエイがいます。
その中でもっとも大きくなる種類が、東南アジアのメコン川やチャオフラヤ川に生息する、このヒマンチュラ・チャオプラヤです。
1989年に新種として登録されてからまだ30年ほとで、わからない事も多いのですが、 大きくなると直径2メートルを超えるものもいるそうです。



カイヤン
2400-7.jpg


カイヤンの後ろにいるシルバーシャーク
2400-8.jpg



アジアアロワナ
2400-9.jpg

アジアアロワナ  絶滅の恐れのある古代魚
下あごがせり出すように大きくなっていて 小さな魚や、水面に降りてくる虫を丸のみにします。時には水面近くを飛ぶ虫をジャンプして食べる事もあります。
 野生のアジアアロワナは絶滅のおそれが あり、原産地では、指定された施設で養殖され、登録された個体だけ輸出が許可されるなど、ワシントン条約(CITES)によって、きびしく規制され、保護されています。
 ここのアロワナも、もちろん登録された 個体で、1匹ずつに登録証があります。




シルバーバルブ
2400-0.jpg

ミニ水族館の分がここまで。次からはいよいよ植物です。
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示