雪中行軍遭難記念像と八甲田ロープウエー

明治35年(1902)1月に、旧陸軍の青森歩兵第5連隊第2大隊210人が八甲田山で吹雪に遭い遭難。そのとき後藤房之助伍長は仮死状態になりながら雪のなかに歩哨の如く立っていた。それを捜索隊が発見、救助のきっかけとなったといわれている(諸説あり)。
で、その像は銅像茶屋から少し歩きます。ちなみにここの近くにある公衆トイレには、お化けが出るとか。。。こわ!
2374-1.jpg

キノコが結構ありました。
2374-2.jpg

その銅像です。
2374-3.jpg

八甲田ロープウエー 山麓駅
2374-4.jpg

ロープが展示されていました。
2374-5.jpg

山麓駅を出ますが、
2374-6.jpg

霧でよく見えません
2374-7.jpg 2374-8.jpg

ちなみに山頂(標高1300m)で空にしたペットボトルですが、自宅(標高10mくらい)ではちょっとへこんでました。
「いろ○す」みたいなもっと薄いペットボトルでやるんだったと後悔。
2374-9.jpg 2374-0.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示