観察記録としてのスケッチ(『理科の教育』2016年9月号)

『理科の教育』の連載講座「中学校理科教師のためのチェックリスト」

前回(2016年4月号)のテーマはデジタル顕微鏡でしたが、今回も生物領域でよく使われる技能である「スケッチ」を取り上げます。
1295-3.jpg 

とはいえ、スケッチそのものの話よりも下調べに扱ったのが牧野富太郎ネタ。もともとは
1.スケッチなどを指導するとき、生徒から「色をつけていいですか」という質問がたまにある。
2.スケッチの「正確に描く」という考え方からすると、色を正確に再現できない以上、つけるべきではないだろうと私は考える。
3.ちなみに教科書では触れていない。賛成という考え方もあってダメとは書けない事情があるのか。
4.そういえば牧野富太郎の植物画にはカラーのものがあった。
5.したがってスケッチに色をつけることを否定するのは、牧野富太郎を否定することになるw
6.やばい。
7.いや待てよ、牧野富太郎だって、2.のような考えは検討したはずだ。
8.牧野富太郎のカラーの植物画には自分の知らない何かが隠されているはずだ
9.ということで調べてみよう。

2331-2.jpg

そして練馬区立牧野記念庭園記念館に足を運び、
高知県立牧野植物園編集「牧野富太郎植物画集」高知県牧野植物友の会,1992
高知新聞社編「MAKINO―牧野富太郎生誕150年記念出版―」北隆館,2014
をはじめとする牧野本をいろいろ読んでみました。
俵 浩三「牧野植物図鑑の謎」平凡社、1999も面白いのだけれども、あくまで仮説にすぎないので、参考資料としては使えなかったです…。


それと葉の形や葉脈の形を記録する方法として、フロッタージュに触れようかと思ったのですが、牧野富太郎話に熱が入りすぎて紙面がつきたのと、スケッチを「よく見るため」と考えると、このやり方は邪道かな…と思ってしまったので触れないことにしました。

1295-4.jpg

ところで、牧野富太郎は1957年没なので、もう50年を超えて著作権は切れています。そこで原稿に植物画を入れてみました。どの植物にしようか迷ったあげく、『植物知識』に載っているヒマワリにしました。
2365-2.png

そうしたら、表紙の写真もヒマワリでちょっとびっくりでした。
2365-1.jpg


恒例、今月のチェックリスト。

□スケッチをする○○を説明することができる。
□スケッチの基本的な○○○を指導している。
□○○○、スケッチの指導を行っている。
その〇に何が入るか気になる人はこちらへ。

Check It Out!
内山裕之編著「スケッチで実験・観察生物の描き方とコツ」星の環会、2014
生物学実験/スケッチの描き方
生物の形態や構造の観察力「観る力」を育てる研究-身近な生物のスケッチを通じて-
西川悠子:観察時における学習効果を上げるためのスケッチの研究
勝岡幸雄:観察眼育成を目指した点描写によるスケッチ活動の実践:研究紀要/東京学芸大学附属竹早中学校:2011
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示