ふだんの授業で「活用力」をのばす -学習指導の工夫と入試問題の利用-

エレン・ベーカー先生で一世を風靡した東京書籍から東書教育シリーズ・ふだんの授業で「活用力」をのばす -学習指導の工夫と入試問題の利用-が完成して、自宅に送られてきました。

2337-1.jpg

全国学力調査・中学校理科での活用の4つの視点(適用、分析・解釈、構想、検討・改善)を意識して、教科書中の活動を用いた活用力をのばす学習指導の工夫や、活用型の入試問題を取り上げ、解答・解説のほか、このような問題に対する授業の工夫などについて、中学校の全単元についてまとめた本です。

ちなみにヘッドは埼玉大学教育学部の小倉康先生です。
他に4人の先生が物理・化学・生物・地学に分かれて原稿を執筆しています。
が、そのうち物理を担当したのが私というわけです。

よーく見ると、48ページには並列回路に何色も色を変えてなぞってタコ足配線がヤバそうだと示した図がありますね。縦の図を横にしたり、カラーの図をモノクロの図で線種をかえて示したりしたのでわかりづらく、気がつきにくいですが。

また51ページのブラックボックスの回路の入試問題ですが、この原稿を書くにあたってこの問題を見つけたのですが、「これは選択肢にしなくても、論理的に導線の配置を正しく推定できるのではないか」と思い、それを考察したのがブログ化されています。もちろん、ここまでディープな話題は、原稿に書けなかったのでブログに書いたわけですが。

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示