架線にアルミ風船が接触

6月4日(土)23:16ごろ、東京メトロ東西線日本橋駅で事故の合図であるけたたましい警報音が発生。
ところが、A線・B線どちらのホームにも電車は来ていない。
では何が起こったのか?酔っ払いがホームに転落でもしたか?

B線の5両目あたりが停車するところで、架線にアルミ風船が接触していた。
2310-1.jpg

実はこれは大変危険な事態である。地絡といって、架線に流れる大電流が天井や電車本体と接触することで、車両や変電所の機器、架線等を壊してしまったり、火災が発生するおそれがある。ちなみに京葉線では有名なネズミのキャラクターのアルミ製風船による地絡事故が多発した、ときには変電所がため、京葉線の沿線にある有名なリゾート施設ではアルミ風船の販売をやめたらしい。

ということで、これが原因か…、と遠巻きに見ていると、すぐに駅員が何人も駆けつけマジックハンド架線用で風船を架線から外していた。
2310-2.jpg 2310-3.jpg
2310-4.jpg

風船を割って、下に落ちたものを駅員がホームから線路に降りて拾って、回収終了。ブザーが鳴り始めてからここまでたぶん5~6分。解決したらすぐに電車が来た。遅れは5分程度なので、東西線の運行状況に取り上げられることもなかった。


ところで、「東京メトロではアルミ風船の持ち込みを禁止している」としているという記述をネット上で見かけるが、肝心の東京メトロのサイトには、そういう記述は見つからなかった。それどころかアップされている安全ポケットガイドには、「アルミ製風船は架線に触れると停電や電車に運行障害がおこる可能性がありますのでご注意ください。」「アルミふうせんはしっかり持ちましょう」という記述があるのみで、公式に禁止しているわけではないようである。

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示