京急ファミリー鉄道フェスタ2016 保存車両展示

京急ファミリー鉄道フェスタということで、京急久里浜にある京急ファインテックス久里浜事業所まで行ってきました。


保存車両展示コーナーから。
川崎車輌OK形台車OK18-I と ペックハム台車(ペックハム14-B-3) 
OK18-Iは旧1000形電車用の、ペックハム14-B-3は京浜電気鉄道1号形電車の台車でした。
2305-3.jpg 2305-4.jpg

デ51形復元車両
本車両は京浜電鉄で軽量・防振・広幅窓の特徴を持つ日本最初の本格的半鋼製車両として大正時代に登場し、後に140形と改称されて活躍しましたが、車齢40年を超えて形態も旧式となったので、昭和40年全車が姿を消しました。デ51形車両は、我が国の鋼製車両発展に大いに寄与した貴重な車両なので、新造時の姿に復元しました。
2305-5.jpg 2305-6.jpg

デ1形復元車両
本車両は昭和5年4月湘南電鉄デ1型として開業時に登場、のちにデハ230形と改称し、戦前、戦中、戦後にわたり48年間活躍し、昭和53年全車廃車されました。当時の最新・最高の技術を取り入れ名車として広く知られ、後輩にあたるデ71形、デ83形、デ26形(いずれものちにデハ230形と改称されました。)と共に、現在の京浜急行・高速電車のスタイルを確立した車両であります。
2305-7.jpg 2305-8.jpg
2305-9.jpg

軌道自転車
これは電車線路の保守のため夜間、作業員や器材運搬を主目的としたもので、廃車となるまで約20年間使われており、足踏みでもエンジンでも走ることができます。
2305-0.jpg


おまけ。会場に行く途中に止まっていた車両
2305-1.jpg 2305-2.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示