古い試薬類 林市次商店ほか

薬品を整理していると、古い試薬類がゴロゴロ出てきます。
使用予定もないので、安全面から考えると処分すべきだというのはわかっているどころか、「使わない薬品は処分すべし!」という内容の薬品管理の原稿を書いたことも、一度や二度ではないのですが、実際に不要な薬品を全部処分をしようとすると、それだけで大仕事。処理業者に車で引き取りに来てもらうことになるから、一度にすべての理科室中の不要薬品を廃棄することになります。

一度フォルタン型気圧計が破損したので、処分したら水銀処理ということで結構な金額かかかったそうです。ついでにこんな物騒なものいらない、ということで試薬の水銀やら水銀体温計を一緒にもっていってもらったのですが、その後、ネスラー試薬(アンモニア、アンモニウムを検出する試薬。水銀を含むので医薬用害毒物。)が1本見つかり…(汗)

それとは別に不要薬品を業者さんに持って行ってもらったこともあったのですが、その時、若気の至りで「そのうちまた使うかも」という気持ちもあり、残したものも多いんですよね。今なら余裕で捨てるのですが。

薬品は買うより捨てるほうが大変

椰子油の瓶。合資会社林○次商店 とあります。○は破けてよくわかりません。
2287-1.jpg 2287-2.jpg
チオ硫酸ナトリウム。トレードマークは同じですがI.HAYASHIと英語バージョン。
2287-3.jpg 2287-4.jpg
調べたところ「合資会社林市次商店」が正解のようです、2000年に東京都中央区日本橋本町4-6-1にあったようですが、その後移転、現在は有限会社林ケミカルとなっています。

株式会社日本理化学のメチルオレン
ちなみにダストレスチョークの日本理化学工業株式会社とは無関係。このほか日本理化学薬品株式会社とか、日本理化学株式会社とか調べれば出てくるけど、業務内容からこの会社とは別みたい。
2287-5.jpg 2287-6.jpg

柳島製薬の硝酸とヨウ化カリウム。
2287-7.jpg 2287-8.jpg

小西製薬の過マンガン酸カリウム。
2287-9.jpg

三晃製薬工業の昇華硫黄。三晃製薬工業は1998年に協和発酵の子会社、模範薬品研究所というところと吸収合併。ちなみに、模範薬品研究所も2005年にメルク・ホエイ(現・マイラン製薬)に吸収されてしまうのです。南無。
2287-0.jpg

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示