【理科教育法】学習指導要領の変遷 (5) 昭和52年改訂

「教育の現代化」とか「探究学習」がもたらしたものは、新幹線に乗れなかった「落ちこぼれ」。オイルショックで高度経済成長が終焉を迎え、高学歴でもいい会社には入れて人生ハッピーとはならない時代になりました。
そうして価値観の多様化する中、子どもの問題行動が社会問題化するようになり、人間性を取り戻すことが課題となりました。

そう、「ゆとり」の時代がやってきたのです。

ちなみに「ゆとり」という言葉は、小学校,中学校及び高等学校の教育課程の基準について(答申)〔昭和 51 年 12 月 18 日〕で「ゆとりのあるしかも充実した学校生活が送れるようにすること 」というところに発する言葉です。

なお、「ゆとり」は使われていても、「ゆとり教育」という言葉は、平成16年3月31日の衆議院・文部科学委員会で河村建夫文部科学大臣「ゆとり教育、ゆとり教育、こう言われます。ゆとり教育という言葉をきちっと文部科学省が定義づけたことは一度もないのでありますが、(後略)」とか、平成19年5月31日 参議院・文教科学委員会で伊吹文明文部科学大臣が「文部科学省はゆとり教育という言葉は一度も使ったことはございません。」とか言っていて、文部科学省サイドではこの言葉を基本的に使っていません。あまり周りが「ゆとり教育」を連呼するので、伊吹大臣も「ゆとり教育と言われる学習指導要領」「ゆとり教育と言われる総合学習」「いわゆるゆとり教育の問題」と「ゆとり教育」という言葉を使って答弁せざるを得ない状態にはなっていますが。

正式に公的文書として登場したのは平成19年1月24日の教育再生会議による社会総がかりで教育再生を~公教育再生への第一歩~―第一次報告― で、 「ゆとり教育」を見直し、学力を向上する、 と提言しています。もっとも、教育再生会議の管轄は文部科学省ではなく内閣官房ですが。(ちなみに文部科学省の15階には教育再生実行会議担当室があります)。




小学校 学習指導要領 昭和52年7月
中学校 学習指導要領 昭和52年7月
文部省発表 高等学校学習指導要領 昭和53年(1978)改訂版

ゆとりある充実した学校生活の実現

1 道徳教育及び体育の重視
2 内容の精選と再構成(集約)
3 学校生活全体にゆとりをもたせるため,授業時数を削減
4 昭和44年の各教科の目標は総括的な目標のもと、3~5個の具体的な目標がありましたが、今回の改訂で総括的な目標のみに絞られました。

高等学校では教科・科目ごとの習熟度などに応じた学級の編成
(第1章 総則>第7款 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項>6(5) 各教科・科目の指導に当たっては,生徒の学習内容の習熟の程度などに応じて弾力的な学級の編成を工夫するなど適切な配慮をすること.

「ゆとりの時間」の導入
授業時数の削減されたからといって、早く帰れる、というわけではありませんでした。在校時間は変わらない前提の下に、学校の教育活動にゆとりを持たせ、地域や学校の実態に応じて創意を生かした教育活動が活発に展開できるようにすることをねらいとしたものです。つまり、余った授業時間を学校裁量でうまく使ってねというわけです。ただし、この時間については学習指導要領には記載されていません。

「君が代」が国歌に
昭和44年の小学校学習指導要領の音楽では、第3 指導計画の作成と各学年にわたる内容の取り扱い に
「君が代」は,各学年を通じ,児童の発達段階に即して指導するものとする。
となっていたのですが、昭和52年版の同じところには、
国歌「君が代」は,各学年を通じ,児童の発達段階に即して指導するものとする。
と、はれて国歌となりました。
合わせて、特別活動のところでも
昭和44年:国民の祝日などにおいて儀式などを行なう場合には,生徒に対してこれらの祝日などの意義を理解させるとともに,国旗を掲揚し,「君が代」を齊唱(せいしょう)させることが望ましいこと。
昭和52年:国民の祝日などにおいて儀式などを行う場合には,生徒に対してこれらの祝日などの意義を理解させるとともに,国旗を掲揚し,国歌を斉唱(せいしょう)させることが望ましい。
と、「君が代」が国歌と変わっています。



中学校学習指導要領 第2章 第4節 理科

2189-1.jpg
今は「学習指導要領解説」なんですが、このころはまだ「指導書」なんですね。「指導書」というと、教科書の教師用指導書をイメージしてしまうのですが…。

単元を見てみましょう。ちなみに授業時数は1.2年が105(前回は140)、3年が140(前回も140)です。

〔第1分野〕
(1) 物質と反応
(2) 力
(3) 物質と原子
(4) 電 流
(5) 物質とイオン
(6) 運動とエネルギー

〔第2分野〕
(1) 生物の種類と生活
(2) 地球と宇宙
(3) 生物の体の仕組み
(4) 天気の変化
(5) 生物どうしのつながり
(6) 地かくとその変動
(7) 人間と自然


2189-2.jpg

(1) 理科に関する知識や概念の形成について
 理科に関する知識や概念の形成が無理なく行われるように,44年版では1年生で扱っていたエネルギーのような抽象度の高い内容に関する事項は,高学年に移しました。
(2) 内容の精選と再構成について
運動の第2法則/イオンの反応の一部/地球,月及び太陽の大きさの測定/動植物の分布,遷移 などを削除、化学変化の量的関係/原子の構造/地かくの変化と地表の歴史 などについて扱いを軽減しています。また、第1分野「身の回りにある物質」,第2分野「学校の近辺や郷土の自然の中の生物」など身近な事物・現象を取り上げ,生徒に興味や関心をもたせるように改めています。

(3) 自然と人間とのかかわりについて
 第1分野では,最後に,資源,エネルギーについてのまとめの項目を設けました。また,第2分野では,特に大項目として「(7) 人間と自然」を設け,その中で「人間の生存を支える物質とエネルギー」,「自然界のつり合いと環境保全」の二つの中項目を設けて充実を図っています。元祖「第7単元」ですな。


高校はというと、
「理科Ⅰ」(4) 「理科Ⅱ」(2) 「物理」(4) 「化学」(4) 「生物」(4) 「地学」(4) という構成です。
必修科目は「理科Ⅰ」だけですが、物化生地それぞれの単元を含んでいるので、「理科Ⅰ」という一つの科目を物化生地4人の先生が分担して教えているケースもあったそうです。そんなことから高校の教員には不評だったようで、新採だったころ、教科書会社の営業の方から「高校の先生からは中学4年生という批判がある」という話を伺ったことがあります。
2189-3.jpg
「理科Ⅰ」といえばNHKの高校講座「理科Ⅰ」であの竹内均が講師をやっていたのを覚えています。それがきっかけでのちに「竹内均のベーシックサイエンス」を書いたとんだっけ。

ちなみに「理科Ⅱ」は研究課題を設定して観察,実験や調査研究を行うので、現行の指導要領にある「理科課題研究」みたいな科目です。ただ、当時調べた限りでは「理科Ⅱ」を開講している学校は少なかったのではないかと。
関連記事

コメント

Secret

すばらしい

学習指導要領の解説、よく分かります。すばらしいです。今後も楽しみにしています。
月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示