東京証券取引所・2015大納会

2010年から年末恒例で行っている東証の大納会。
でも今年は特別ゲストは来ているものの、大納会の前に先立つ講演会もなく、またあべし安倍晋三内閣総理大臣や麻生さんなどのサプライズゲストもなく、さらに一般見学者の見学場所が例年よりも狭い範囲に限られていてちょっと今年は…という印象。

大納会前の会場と鐘を鳴らす木槌。
2148-1.jpg 2148-2.jpg

今年のゲストは指揮者でトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督である佐渡裕さん。
2148-3.jpg 2148-4.jpg

佐渡さんのスピーチ

こんにちは。指揮者の佐渡裕です。今日は日本取引所グループ大納会にゲストでお招きいただきまして本当に光栄に思います。
私はこの9月オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団というオーケストラの音楽監督に就任いたしました。えー、音楽の都と言われるウイーンで指揮台に立つことは本当に夢のようですが、同時にこの100年を超える歴史をもったオーケストラが地球の反対側の日本人を指揮者、音楽監督として迎えてくれたこの大きなチャレンジ精神に応えなければならないと思うとその責任感もいっぱいになります。
豊かな経済は、芸術を育てます。どうして芸術が必要かというと、たとえばオーケストラの場合、100人ほどメンバーいますが、みんなそれぞれ違うことを考えています。あるいは国も違います。育った環境も違います。それが前提のある中、だからこそみんなが耳を傾け、お互いを聞きあって一つのハーモニーを作っていきます。ですから、音楽をするということは、様々な人が今この時をともに一緒に生きていること、それが喜びであることの証を作ることだとぼくは思っています。
どうかみなさん、あの、豊かな経済のある国にしていただき、また僕は美しいハーモニーを目指して世界中の人が一つのことに向かっていけるよう、そうありたいと願っています。
2016年が皆様にとって幸せな年になりますように心からお祈り申し上げます。今日はおめでとうございました。



そして佐渡さんの打鐘。
2148-5.jpg 2148-6.jpg
2148-7.jpg 2148-8.jpg
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示