授業における「課題」(『理科の教育』2016年1月号)

『理科の教育』の連載講座「中学校理科教師のためのチェックリスト」

2125-1.jpg

前回は2015年の9月号

前回の原稿を書いたときに、これまで毎年1月号は書いていたものだから、つい、「次は1月号で」みたいなことを言ってしまったので担当することになってしまいました。でも、言わなかったら11月号か12月号に書いてたりして…orz

2016年1月号のテーマは 授業における「課題」。特集が学力調査のことだったのもあり、この連載は特集とは直接連動していませんが、学力調査でもいろいろ「課題」が指摘されている、授業における課題をとりあげました。

今回の試みは、探究の過程を、なくなったダイヤを探すという探偵小説になぞらえ、課題の役割を示したところです。本当は密室殺人事件あたりだとわかりやすいのですが、ちょっとどぎついかなと思い、ダイヤを探す探偵小説にしました。

2125-2.jpg

恒例、今月のチェックリスト。

□●●において、●●を示している。
□●●●●を意識しながら授業が展開されている。
□●●をもとに、●●に●●した●●を行っている。

伏字が気になる方はどうぞこちらへ。


<執筆メモ>

導入事象 → 課題
展開①観察・実験(体験活動)
展開②考察(言語活動)
まとめ結論

問題を見いだす事件発生
課題の設定犯人は誰だ?
仮説の設定犯人はAさんではないか?
観察・実験捜査
観察実験
 の課題
凶器は何か、トリックは何か
目撃した人はいないか
結果証拠
反証実験アリバイ探し
考察探偵の推理
結論犯人はAさんだ!




課題解決の過程(構造的にみる)
観察・実験が複数組み合わせて課題を解決する場合

授業の課題
「密室殺人事件の犯人は誰か」

観察・実験①の課題
「事件当時、密室にいたのは誰か」
  ↓
観察・実験①の結論
「事件当時、密室にいたのは被害者と犯人だけである」

観察・実験②の課題
「犯人はどのようして密室から脱出したか」
  ↓
観察・実験②の結論
「犯人はこうやって脱出した」

観察・実験③の課題
「この方法で脱出が可能なのは誰か」
  ↓
観察・実験③の結論
「この方法で脱出が可能なのはA氏だけである」
授業の結論
「密室殺人事件の犯人はA氏である」

・観察/実験の目的(課題)/結論をきちんと示しているか
・それが授業の課題・結論とごっちゃになっていないか。
「トリックを明らかために現場を捜査する」「アリバイを確認するために聞き取りをする」みたいな目的があり、複数の捜査を組み合わせて「犯人は誰か」という課題を解決していく。



探究(の過程)とは何か
課題は解決していく問題である
疑問をもち、問題を見いだし(把握し)、課題を設定する。

結論を導くために授業で行うことも設定された課題で変わってくる。
要因→(妥当性の検討)→条件

予想…何に対する予想か 
予想は本来課題の答えの予想であるが、現場では実験結果の予想が中心である。

・その捜査(実験操作)は事件解決に向かうのか


・結果と考察…きちんとわけること
※事実と意見をはっきり分ける(本稿では不要?)

・「犯人は誰か」という課題(問い)なら、「犯人は○○だ!」とわかって初めて解決となるのであって、「この事件には裏に大きな組織が控えている!」では、たとえそれが事実であっても解決したことにならない。

・目標を達成できたかどうかを評価すると考えれば、本来はこれらも正対すべきもの。

・同じものを何回も見ることで視点が変わる→観察者の成長
関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示