釜石駅前

釜石駅前。
2080-1.jpg

駅に向かい合うように新日鉄住金釜石製鉄所があります。
2080-2.jpg

今は高炉はなく、石炭火力発電して売電しています。本当はフル稼働するつもりはなかったようなのですが、原発のことがあり、現在フル稼働だそうです。
2080-7.jpg


そして駅と工場の間に小さな広場があります。そこにいろいろな記念碑などがありました。
「復興の鐘」。そう、ここ釜石もあの3.11で津波の大きな被害を受けました。釜石駅前も地震により停電、信号機が消えて車が混乱した中、津波が襲いました。そしてこの場所の海抜は4m程度。3mの大津波が来るというアナウンスのあと停電がおき、「6mの津波が来るから避難を」というアナウンスが聞こえずに楽観視した人が被害にあったという話があったそうです。
ちなみにこの金を作ったのは富山県高岡市にある老子(おいご)製作所というところで、あの広島の平和の鐘を作った実績があります。
鐘には鎮魂・復興・記憶・希望の4つの言葉が書かれています。
2080-3.jpg

鉄のモニュメント。釜石産磁鉄鉱を使った碑に、高炉から移した火が点されたアーチが架けられています。ちなみにこの火は、津波の時にガスが遮断されて消えてしまいましたが、製鉄所構内のガス灯で保存していた高炉の火が残っており、そこから再び燈して現在に至るそうです。
2080-4.jpg

近代製鉄の父・大島高任。日本で最初の洋式高炉をここ釜石でつくった人。安政4年(1857年)の12月1日に初めて高炉に火が入れられたのを記念して12月1日は鉄の記念日になっています。
2080-5.jpg

「ひょっこりひょうたん島」「釜石小学校校歌」の碑。どちらの歌も岩手県出身で、釜石でも暮らしたことのある井上ひさしの作詞。
2080-6.jpg

釜石警察署釜石駅前交番。津波の時の水位線があります。ここまできたんですね。
2080-8.jpg 2080-9.jpg

街灯。
2080-0.jpg

関連記事

コメント

Secret

月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示