田中圭一 「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」

今年度あたり、ぼちぼち自分が危ないかな、という気がしています。
いろいろ仕事が量的に増えただけでなく、質的にも変化して、外から見たイメージ通りに飄々とやってられなくなってきました。特にメンタル面。

残業時間も過労死ラインをあっさり突破し、自分の心と体が逃避し、拒絶して止まっていく、壊れていくような違和感をひしひしと感じながら、「あ~やばいな~、ぼちぼちかな~」と思ったところで、なんとか夏休みにこぎつけた次第です。

と、すっかり愚痴ってしまいましたが、夏休みで多少余裕のある間に危機回避のために読んでみたのがこちらです。
たぶん「真っ最中」の時期は、読んでも入ってこないし、そもそも読もうという発想が出てこないだろうからね。

田中圭一 「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」KADOKAWA、2017
2740-1.jpg

「うつヌケ」。著者であるサラリーマン兼業漫画家の田中圭一と、うつとは無縁のアシスタントの「カネコ」が、うつヌケした人をゲストに迎えて体験談を伺うという基本パターンで、全20話あります。最初の3話は著者である田中圭一自身の話で、4話から以降のいろいろなタイプのゲスト(どっかで聞いたことのある有名人も含む)が登場し、最後の20話で総まとめとなります。

ちなみに、著者が漫画家ということで漫画で描かれているのですが、普段はギャグマンガが中心だそうです。人を笑わせる仕事をしながらその裏でうつ病に悩んでいた-といえば、桂枝雀が思い出されますが、さて、この著者はうつに悩まされながらどんなギャグマンガを描いていたのかは、一度読んでみたいところです。

一応まだセーフである(と思っている)身としては、それぞれのゲストの方が鬱に陥っていくストーリーが、あるあるどころか「おま俺」でつらかったです。いくつかあげてみましょう。

・心の奥底にある「こんな仕事は自分には向いていない」-という思いにフタをして もっとがんばらねば-と自分のハードルを上げてしまった(p.7)
・なんとしてもやりとげなければ-という強迫観念にとらわれ 周囲の人が差しのべてくれたであろう手助けに気づくことなく 無理を重ねて自分を壊して(p.28)
・もともとネガティブ志向の人だったので「こんなすごい状況がずっと続くわけない!!ダメになったらどうしよう 怖い怖い怖い怖い」(p.44)
・この「小さなジャブのようなダメ出し」は気がつかないうちにじわじわと効いてきて いつしか私は暗いトンネルに踏み入ってしまいました(p.59)
・山のように降ってくる仕事 ミスが増えて責められる日々… 睡眠不足も手伝って ついに すべて私がいけないんだ!私がダメだから!私が-ッ!(p.109)


この部分を拾い出して一気読みするだけで自分の体験と重なり「あああああ」という感じです。

で、うつヌケと深く関係するのが「仕事」で、仕事を辞めることがうつヌケの一つのステップになる人がいた一方、仕事が支えになった人もいます。これは仕事が自分を否定するものだったら遠ざかり、肯定するものだったら近づこう、というわけですが、自分の場合、今の仕事の具体的な内容が多岐にわたり、肯定するものと否定するものが混在しているとからまたタチが悪いのです。いやもちろん自分を否定しようが、そういう仕事の重要性はわかっているつもりだし、だからこそ自分の気持ちにふたをしてやっているんですけどね。

ま、最近は否定するものが増え、疲弊することによって肯定するものに時間がかけられず、そちらのクオリティが下がるのを目の当たりにしてまた落ち込むというパターンが続いております。
それで動作の遅いパソコンなどを操作していると、以前はその遅さにいらだっていたのですが、「お前も本当は能力があるんだけど、本質的ではない処理を大量にやらされて肝心のアウトプットに十分手が回らないんだろうな~」とそこに自分の姿を重ねて同情してしまう今日この頃です。

これはだめかもわからんね。
月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示