銀の鈴

東京駅の待ち合わせの場所といえば「銀の鈴」。(「動輪の広場」はスルー。)
今展示されているのは、4代目です。(平成19年10月25日~)
3005-01.jpg 3005-02.jpg

初代登場から50周年ということで、復元された初代から現役4代目までの歴代「銀の鈴」が集結しました。
3005-03.jpg
3005-07.jpg 3005-08.jpg

初代銀の鈴
昭和43年6月10日~
昭和39年の東海道新幹線開業によって増加した利用者の待ち合わせ場所として「銀の鈴」は誕生しました。本展示品は当時の写真に基づいて、現職のJR東京駅駅員が業務の合間を縫って復元。竹を削いでつくった骨組みに、和紙を貼ってその上を銀紙で装飾するという50年前と同じ工法で行いました。
3005-04.jpg

2代目銀の鈴
昭和44年11月24日~
手製だった初代の誕生から約1年半後、東京南鉄道管理局により 2代目が製作されました。鋳銅製(クロームメッキ)の躯体と隠しスビーカーの仕掛けが施され、昭和53年3月まで鈴の音を流 しました。
3005-05.jpg

3代目銀の鈴
昭和60年2月19日~
東京駅名店会より.名店街 30周年記念事業として寄贈。東京駅1階八重洲中央待ち合わせ場所の改良工事完成とともに、設置されました。平成6年8月、北隆新幹線乗り入れ工事にともなって、現在地に移転。
3005-06.jpg

パネル解説。
3005-09.jpg
3005-10.jpg 3005-11.jpg

銀の鈴ピンバッチ。全5種類。初代・2代目・3代目・4代目、そして鈴野くん。(3代目だけ欠けています)
3005-12.jpg 3005-13.jpg
3005-14.jpg 3005-16.jpg
3005-17.jpg

世田谷公園 のD51 272

世田谷公園によってみました。
2966-01.jpg

ミニSL「ちびくろ号」ってのが走っているのですね。子ども(親子連れ)が大勢来てました。
2966-02.jpg

ミニではなく本物のSLもあります。
2966-04.jpg 2966-03.jpg

デゴイチですよ、デゴイチ!
2966-05.jpg 2966-06.jpg
2966-07.jpg 2966-14.jpg

解説板
2966-08.jpg 2966-09.jpg
2966-19.jpg

後ろにも1両連結されています。
2966-10.jpg 2966-11.jpg
2966-12.jpg 2966-13.jpg
2966-15.jpg 2966-16.jpg

運転席
2966-17.jpg 2966-18.jpg


2966-20.jpg
月別・カテゴリー別はこちら

ご来場者数
スポンサードリンク
リンク
キーワードでお探しします
お手紙、待ってます(はぁと)!

名前:
メール:
件名:
本文:



この人とブロともになる

QRコード
人気ブログランキングへ
明日天気にな~れ!

-天気予報コム- -FC2-
今夜の月はどんな月?
CURRENT MOON
RSSリンクの表示